カードを店舗等において利用する際体験したことがあるのではと思うのだがスタッフが未熟なためにどの紙を利用者の方へ渡すべきか迷っている時があるのではないでしょうか。というのは、カードを利用すると専用端末の方から3枚1組の利用レシートが吐き出されるためでありこの明細のうちどの明細を利用者の方へ差し出して良いのかわかりにくいというケースがあるのです。3組綴りの利用レシートの正体とは)この3組綴りの使用明細の正体はいかなるものなのかについての概要は、↓の通り。1カード利用者に保管して頂く紙。2店舗で保管する利用明細。3クレジットカード会社控え用紙(サインを行う紙)。普段は絶対お客様の方へ保管して頂く明細レシートを受領するのだが、時には、お店の控え利用明細をお客さんに渡すようなという場合であったり、サインした明細レシート自体を渡してしまうなんていう痛恨のミスすら見受けられます。このパターンはバイトスタッフであったり普段クレジットカードというものが使われない店で会計する際使うとこんな店舗スタッフの動揺というものが見れるのではないでしょうか(笑)。仮に店舗スタッフが間違った利用明細というものを提示してきた暁には怒らずに「こちらは違いますよ」と直してみてはいかがでしょうか。