車での事故に巻き込まれた状況で、自らが被害者であるにもかかわらず、事故を起こした相手がミスをこれっぽちも受諾しないという事例は数限りなくあります。ひとつの例として、しようとして起こしたかったのではなくちょっと気が抜けて相手の車を追突した場面などにそういう口論につながってしまう場合があるのです。とは言ってその場所で物損とされ何ヶ月か後に異常が出た時に、通った病院の診断書類を提出するというのは後手に回るというのはしょうがなくなってしまいます。では自動車事故の過失割合の取り決めにはどういう風な目処が存在するのでしょうか。しっかりと申し上げますと、警察が判断するのは、車での事故の大きな落ち度が認められるのはどちらであるかという内容であって、過失割合ではないのです。さらに言えば、最終的に明確にされた過失が認められた人が警察から明らかにされる事は場面は有り得ません。ですので、過失割合は事故にあった両者の話し合いの結果によって決定されその結果が賠償の算定のベースとなる訳です。この場合、互いが任意で加入できる保険に加入をしていなかった状況では、当事者同士がダイレクトに協議するしかありません。当然の事ですがこの話し合いでは、冷静さを失った口論になるケースが多くなります。この上、お互いの主張にギャップがあれば悪くすると、裁判にまでもつれ込みますが、その場合貴重な時間とお金の膨大な損です。多くの状況で、お互いの運転手に付く自動車の保険の会社に、そのそれぞれの会社にやり取りを全て任せる手法を用い、相応しい割合を落ち着いて決めさせます。こういった場合には自動車保険の会社は過去の車での事故の事例の結論から出された認められた基準、判例タイムズなどを参考に推計とやり取りを活用して過失の割合がどうなのかを決定します。そうは言っても自動車事故においては巻き込まれてしまったのか原因となってしまったのかの如何を問わず、まず最初に警察に電話するのが原則です。その上で保険会社に連絡をして、これから先のやり取りを委ねるのが手順になります。状況に応じた順序さえ把握しておけば、無意味な議論への展開を回避できるに違いないのです。